カビ防止に

明るい光が差すリビング

お風呂場は常に湿気があるためカビが生えやすく、また毎日入浴していると湯垢・水垢・石鹸カスも溜まって来るため、家の中でも特にお掃除が大変な場所です。 そのため、お風呂場をリフォームする時は壁や床を汚れの落としやすい素材のものに取り替えたり、自動洗浄機機能付きのバスタブを取り付けたりといった工事がよく行われます。 ただ、こうしたリフォームは費用がかなりかさみますし、工事に要する日数も長期にわたることが多いのが現状です。 そこでおすすめなのが、コーティングによるリフォームです。コーティングとは浴槽をはじめとして壁、床、天井に特殊な薬剤を塗布することでカビや汚れを付きにくくすることです。大規模な工事を必要とせず、低コストで高い効果をもたらします。

こげつきにくいフライパンなどに使われていることでも知られているとおり、コーティングは表面に特殊な薬品の塗膜を作ることでモノを汚れや傷から守ります。お風呂場もこれと同様に、コーティングを施すことによってカビや湯垢などをつきにくくすることができます。また、たとえ汚れが付着したとしても塗膜の上に浮いた状態になっているため、簡単に落とせるようになります。 お風呂場の広さにもよりますが工期もたいていは1〜2日程度で終わり、工事費も取り換えリフォームに比べると大幅に安く済みます。 コーティング剤にはフッ素系、シリコン系、ガラス系などがあってそれぞれ費用や耐久性が異なるため、予算と目的に応じて選ぶことができます。